フィンペシア【半年で薄毛改善】AGAで悩まない!最新の飲む育毛剤

薄毛を治すフィンペシアの特徴

フィンペシアの特徴①
「毛髪サイクルを整える」

そもそもAGAは、男性ホルモンであるテストステロンが何らかの原因によってDHTに変化し、頭皮の中でDHTが増加します。これによって、頭皮のサイクルが短くなってしまい、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまうのです。

フィンペシアは「5α-還元酵素II型」という酵素の働きを抑えて、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を減少させる作用をします。フィンペシアによってDHTが減少すれば、髪に栄養が行き渡り、毛髪サイクルを正常な状態に戻すことができます。

フィンペシアによって毛髪サイクルが整えられ、結果として抜け毛を劇的に改善することができます。

フィンペシアの特徴②
「強くて抜けにくい髪をつくる」

フィンペシアは、毛髪サイクルの異常によって弱っていた頭髪を強く・抜けにくい髪に生まれ変わらせる働きをします。

毛髪が再生されるヘアサイクルの期間が短くなっていたために髪の毛が育たず、弱々しくすぐに抜けてしまっていた状態を改善し、根元から力強い髪の毛をつくります。

フィンペシアの特徴③
「飲んで体の内側から効く」

従来の頭皮に直接塗る育毛剤とフィンペシアの決定的な違いは、内服することで「体の内側から頭髪の健康状態を改善する」ことにあります。

頭皮に塗るだけではなかなか治らなかった髪の健康を内部からまんべんなく改善することが期待できます。

フィンペシアの効果

フィンペシア使用前と使用後

臨床試験で98%のAGA患者に効果が見られました。

3年間の長期使用における効果のグラフ

フィンペシア(成分名:フィナステリド)の臨床試験では、3年間の服用で明確に髪の量が増えたという患者が78%、服用前と比べてAGAが進行しなかった患者が20%という結果が得られました。つまり、98%のAGA患者が症状の改善または維持に成功しました。

明確な改善効果が見られたAGA患者の割合は、1年間の服用で58%、2年間の服用で68%、3年間の服用で78%となっており、長期服用した場合に、より顕著な効果が現れると考えられています。

服用前との抜け毛の量の比較グラフ
服用前との抜け毛の量の比較グラフ

「フィンペシアの効果」についてもっと詳しく見る

薄毛になってからどのくらいの期間ならヘアサイクルの改善が可能か?

薄毛になってから経過している期間は、フィンペシアによるAGA治療の大きなポイントになります。髪の毛が薄くなったと自覚してからの期間が短ければ短いほど、毛根が生き残っている可能性が高く、薬による治療効果も期待できます。

毛根が無いと自覚している場合でも、これは思い込みによるところが多く、実際には毛根が死滅していないことがよくあります。
毛根が無いと思い込んでしまうほとんどの場合、髪の毛が抜けてから次の毛髪が生えてくるまでのサイクルに乱れが生じて、生えてくるのが遅れているだけであることが多いのです。髪の毛が生えてくる環境が残っていれば、毛髪再生は可能です。

毛髪再生が見込める期間の目安は、薄毛になってから10年程度とされており、抜け毛が目立つようになってから5年以内であれば高い確率で毛髪を再生することが可能です。

フィンペシアを服用開始して3ヶ月あたりから「抜け毛が減る」という変化が見えはじめます。これは主成分フィナステリドの作用によるところで、遅くとも半年以内にハッキリと効果が実感できます。服用開始から半年を超えると、抜け毛が減るだけでなく「増えてくる」変化が現れてきます。

フィンペシアは生え際(M字)の薄毛にとくに効果を発揮します。生え際の産毛を強くして後退を防ぎます。

薄毛が完全に回復するまでの期間には個人差がありますが、かなり進行したAGAでもフィンペシアを使えば、育毛・発毛効果が期待できます。
フィンペシアを使えば、ほとんどの場合、半年から1年程度で明確な育毛効果が出てきます。

フィンペシアの育毛成分 フィナステリドについて

男性型脱毛症(AGA)の治療効果が高いフィナステリド。

フィンペシアに使われているAGA治療薬の成分フィナステリドは、男性型の抜け毛の原因となる5αリダクターゼの活動を阻害する作用をします。
1997年12月にアメリカの食品医薬局(FDA)に認可され、世界中に瞬く間に広がり、現在ではフィナステリドは50ヶ国以上で使われている育毛・発毛剤となりました。

フィナステリドの作用により、5αリダクターゼの働きを阻害、抑制することで抜け毛を予防し、発毛を促進する効果が得られます。フィナステリドの登場によって男性型脱毛症の治療は大きく前進したと考えられており、現時点でフィナステリドは「最強の育毛剤」と呼ばれています。

フィナステリドは、不健康な頭髪・毛根を再生し、生え変わるたびに毛根を深くします。フィナステリドの発毛効果は、服用後に即座に髪が生えてくるというものではなく、毛根の状態を根本から改善するため、効果を実感できるようになるまでに最低でも半年を要します。
ある程度の時間はかかりますが、フィナステリドは内側から確実に効いて、強くて抜けにくい毛髪をしっかりと育てていくことができます。

フィナステリドを服用しはじめてから最初に見られる効果は、髪の毛が生えてくることではなく、抜け毛が増えることです。これは、初期にみられる脱毛症状ですが、この時期に抜ける毛髪は「不健康な髪の毛」です。フィナステリドの発毛作用は、不健康な髪の毛を排除することから始まり、その後は毛根を健康な状態に整えていきます。
初期にみられる脱毛症状は一時的なもので、フィナステリドの薬効であり、副作用ではありません。

フィンペシアの飲み方

フィンペシアは1日1錠を飲むだけで頭髪を再生し、育毛効果が得られます。

フィンペシアの飲み方は、通常1日1錠、0.2mgを服用します。
服用量は必要に応じて増減できますが、1日の最大服用量は1mgとなっています。フィンペシア錠はこの用法・用量に応じて0.2mg錠と1mg錠が販売されています。

フィンペシアは飲んでから24時間効果が持続します。飲む時間帯は食前・食後を問いません。
効果的な飲み方の秘訣は「24時間ごとに飲むこと」です。

フィンペシアを飲み続ける期間は、AGAの症状によって多少異なりますが、最低でも半年は飲み続けなければ効果の有無が分かりません。この期間は必ず毎日飲むようにしましょう。

「フィンペシアの飲み方」についてもっと詳しく見る

フィンペシアが効かない場合

最も考えられるケースとして、薄毛の原因がAGA以外であることがよくあります。

フィンペシアが効かない場合、服用者がAGA以外の疾患にかかっている可能性があります。

フィンペシアが効かない場合に多いのが円形脱毛症です。円形脱毛症は初期の段階ですと円形(いわゆる10円ハゲ)の状態ですが、重症化すると頭皮全体の毛髪が抜け落ちてしまいます。この状態になると円形脱毛症とは気づかないことも多く、こういった症状の場合は毛髪サイクル以外に心因的な要因など、ほかに原因がありますので、残念ながらフィンペシアは効果を発揮できません。

稀なケースとして、ホルモンバランスの異常によって毛根付近の皮質が過剰分泌され、炎症を起こして抜け毛となる脂漏性脱毛症があります。頭皮に炎症ができたり、フケが大きな塊となってボロボロ落ちてきます。

上記の疾患はいずれもフィンペシアの作用と関わりのない脱毛症ですので、フィンペシア(あるいはほかの育毛剤)を使っても育毛効果はありません。

ほかにフィンペシアが効かない・効果が出にくい原因として、毛母細胞が弱っていたり、遺伝性の軟毛・細毛などがあります。

「フィンペシアが効かない場合」についてもっと詳しく見る

フィンペシア服用初期の脱毛症状について

フィンペシア服用開始から育毛効果が出るまでに起こる抜け毛の症状を「初期脱毛」といいます。

初期脱毛とは、フィンペシアを服用し始めた後に一時的に抜け毛が増える症状です。初期脱毛はフィンペシアの効果が正しく発揮される前に起こる症状ですので、慌てないでください。

フィンペシアを飲むと、毛髪のヘアサイクルがリセットされて、休止期の毛髪が一気に生え変わります。この時に初期脱毛が起こり、一時的に抜け毛の量は服用前よりも多くなることがあります。
せっかく育毛剤を飲んだのに抜け毛が増えてしまうので不安になりますが、心配する必要はありません。フィンペシアの使用初期にみられる脱毛は一時的なもので、一ヶ月ほどで治まります。

初期脱毛が収まると、フィンペシアによってリセットされた新しいヘアサイクルが始まり、本格的な育毛効果が発揮されます。

「フィンペシアの初期脱毛」についてもっと詳しく見る

フィンペシアの副作用

非常に稀ですが、以下のような副作用がでる場合があります。

フィンペシアを飲んでも、ほとんど副作用がでることはありませんが、フィンペシアの副作用には肝障害や生殖機能の低下などがあります。生殖機能の低下は男性ホルモンであるDHTを減少させる事に起因するもので、精液が少なくなったり、性欲が低下したりするというものです。いわゆるEDという状態になってしまいますので、多くの病院ではAGA治療と並行してED治療を行っています。
その他にも、倦怠感や食欲不振、吐き気、発熱、発疹、痒みといった副作用がまれに起こります。

「フィンペシアの副作用」についてもっと詳しく見る

フィンペシアの注意点

フィンペシアはAGA以外の脱毛症や、女性が使用した場合には育毛効果が得られません。

フィンペシアはAGA以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果がありません。
女性に対しても効果がありませんので服用できません。とくに妊婦はフィンペシアの服用が禁忌とされておりますので、ご注意ください。
高齢者においては、フィンペシアの有効性が確認されておりません。

フィンペシアと併用することで問題が発生する薬剤は現在のところ報告されておりませんが、アルコールとの併用は肝機能障害のリスクを高めます。お酒をたくさん飲まれる方は、フィンペシアを使用する期間はお酒の量を減らすようにしましょう。お酒と一緒にフィンペシアを服用しないでください。
肝臓病などの肝障害をお持ちの方は、服用する前にかかりつけの医師に相談をしてください。

フィンペシアの通販

フィンペシアはネット通販で手軽に購入できます。

フィンペシアはインターネットの通販サイトで購入が可能です。
プロペシアのような処方せん医薬品を病院で処方してもらうと、診察費を含めて非常に高額となります。
AGA治療は長期戦となりますので、できるかぎり治療費を抑えたいものです。

インターネット通販では処方せんが必要なく、通院する手間もかかりません。
病院へ通う手間が省け、治療費を大幅に削減できる効率的な手段として、フィンペシアを通販で購入する方が増えています。

「フィンペシアの通販」についてもっと詳しく見る

フィンペシアの先発薬プロペシアについて

もともとは前立腺肥大の治療薬でAGA治療効果が発見され、開発された育毛剤です。

フィンペシアの主成分はフィナステリドという薬品で、米メルク社によって開発されました。当初は前立腺肥大の治療薬としてプロスカーという商品名で認可されたフィナステリドですが、その後の研究で男性型脱毛症(AGA)の治療効果が発見されました。

フィナステリドを主成分として改良を繰り返し、1997年にFDAからAGA治療薬として正式に認可されたのが、フィンペシアの先発医薬品であるプロペシアです。
プロペシアは2005年に日本国内でも承認され、万有製薬(元MSD)によって発売されました。

プロペシアの特許はまだ切れていないため、日本ではプロペシアのジェネリック医薬品はまだ販売されていません。インドでは、先発医薬品の特許が切れていなくても後発医薬品を製造することが認められています。
インドの大手製薬会社であるシプラ社がプロペシアのジェネリック医薬品として「フィンペシア」を開発・販売しています。
フィンペシアにもプロペシアと同じ育毛成分フィナステリドが使われています。

フィンペシアについて

フィンペシアは世界で初めての「飲むAGA治療薬」です。

フィンペシアは、画期的なAGA治療薬と言われているプロペシアのジェネリック医薬品です。フィンペシアは男性型脱毛症の薄毛を強力に治療し、発毛を促進して頭髪のボリュームを増やします。

AGAで薄毛にお悩みの方『最近薄くなってきたかな・・・』と頭髪に不安を抱えている方が安心してAGA治療を行えるよう、最新鋭の技術をもって開発された育毛剤です。

フィンペシアは飲み薬ですので、手軽に服用できるAGA治療薬です。フィンペシア単体でも育毛効果が得られますが、同じ育毛剤であるミノキシジルと併用する事で相乗効果も期待できます。

フィンペシアの口コミ、体験談

20代ですがフィンペシアを飲んでます。

25歳 会社員

フィンペシアはプロペシアよりも安いので、コスパは最高だと思います。
俺は20代ですがAGAは割と進行していると思うので、フィンペシア無しでは外を出歩けないです。
初期脱毛はほとんどありませんでした。
プロペシアの時はこんな高い薬をずっと飲まなければならないのかと先行きが不安でしたが、フィンペシアならいけそうです。
今のところ、他の育毛剤とかよりも全然効果があります。
薬局で育毛剤を買うよりも、通販でフィンペシアを買ったほうが絶対に安上がりだと思います。

妻に内緒でフィンペシアを個人輸入しました。

36歳 会社員

私は近頃、頭頂部のハゲが気になってきたので妻に「AGA治療に行きたい」と言いました。
しかし治療費の事を知った妻は「こんなんダメ。別にハゲなんか気にしなくていい」とダメ出し。

「あんたは気にならないかも知れんが俺は気になるんじゃー!」という訳で、私は動き出しました。
妻に内緒でインターネット通販。フィンペシアを個人輸入しました。
宛先は郵便局留めにして。
そそっと飲み始めたら…抜け毛が増えてビックリ仰天しました。
調べてみると、初期脱毛という状態らしく、正常に効いている証拠だとか。
仕方なく、抜け毛を妻にバレないように捨てる毎日でしたが、5ヶ月ぐらい経ってからハッキリと効果を実感し始めました。
頭頂部の抜け毛がなくなって、ポヨポヨのお毛毛が少しずつ丈夫になって、薄毛が段々と薄くなくなってきた!
こうなったら私のヘソクリで何とかやり切るぞ、と一念発起しました。
幸いなことに、フィンペシアはAGA治療に通院するよりもはるかに経済的なので助かります。
妻からなにか言われたとしても、もはやフィンペシアは手放せません!

フィンペシア服用開始から2年経過。

41歳 会社員

フィンペシアを飲み始めてから丸2年が経過しました。
あれほど気になっていた薄毛や抜け毛も、順調に改善されています。
そんな私から、AGA治療を考えている方に少しだけアドバイスを。

とにかく、AGAは気にしたらトコトン悪循環にハマります。
薬に対する不安と、ハゲの進行に対する不安、どちらもあるかと思います。
どうしようか思い悩んで気に病むと、一番いけない状態となります。
すなわち、ハゲが進んでてうつ病になる最悪の状態です。

何を隠そう、私もフィンペシアを飲む前まで抗不安薬を飲んでいた時期がありました。
治療に対する不安を消し去った後にフィンペシアを飲んだのです。
結果として治療効果が出たわけで、今はもう何の不安もありません。ただひたすらフィンペシアを飲み続けて毛髪の治療に専念しています。

もう一度言いますが、悩んでいるならAGAの先生に診てもらうなり薬を買うなり、ご自身で動ける方法を実践しましょう。
迷いは不安を産み、不安は状況を悪化させるだけです。
AGA治療は長い道のりとなりますが、少なくとも私は髪の悩みが消えて心身ともに健全な毎日を送っております。